XS650ガーターフォーク


今回初めての車両XS650です。基本構造はSR400と同じですがガーター本体の上側ナローで下側ワイド、ミニドラム仕様です、XSの場合はワンオフ扱いにて製作可能です。
スポンサーサイト

三菱シルバーピジョンC111型ピーター改スカイウェーブ400

長らくお待たせしておりました依頼車両のシルバーピジョンに400エンジンスワップが完成致しました。スワップと申しましたがシルバーピジョンはモノコックシャーシーで取り付ける原動機はスカイウェーブ400ですのでブラケットを作り直す程度では収まりませんのでフレーム製作からのスタートでした。燃料タンク、サスペンション位置は大幅に変更フロントサスペンション&ホイールブレーキに関してもスカイウェーブの物を納める事は出来ず高速道路走行可能なフロント周りで10インチと言う事でベクスター150のフロントを移植、ステムからエンジンマウント、ボディーマウント部後方まで厚み4.5ミリの鋼板をピジョンボディーに合うように切だしパイプ状の構造と致しました。
その際に右足の床下に取付されていたスカイウェーブサスを中央のフレーム内に移動(スカイウェーブの燃料タンクの設置場所へ移動)サスペンションリンクも車体に合わせ製作しておりスリムなサスペンションユニットへ変更です。スカイウェーブ駆動系はとても大きくシルバーピジョンのボディーでは隠しきれずアルミ板にてオーバーフェンダー風に設置、タイヤも接触してしまうので後部、上部にも同様な張り出しを設置です。エンジン、キャブレターはスカイウェーブ純正そのまま使用です。ラジエターに関してはノーマルは勿論他車種流用が不可能でしたのでバイク、車用とは関係の無い材料を使用で組み立て、水温は街乗りで60°~70°で保たれております(外気温度20°程度の場合)高速道路巡航では下回ります。僕自身シルバーピジョンc130をベクスターエンジンを搭載しておりますが比較する対象ではありませんのでコメントは控えさせていただきます。古い鉄スクーターに現代のエンジン搭載をお考えの方、「鉄ボディーはあるのでやってみたい」「鉄スク不動車で修理困難、無理」な方のオーダーお待ちしております。
DSCF8587.jpg
DSCF8568.jpg
DSCF8574.jpg
DSCF8586.jpg

続きを読む

DSCF8464.jpg
DSCF8463.jpg
DSCF8465.jpg

シルバーピジョンピーターボディースワップ。ベースとなる車体はスカイウェーブ400-41型で「高速道路を余裕に走れる」が条件ですので足回り、エンジンは現代の物を使用、フレームはボディーとエンジン、足回りを合致させる為フルスクラッチシャーシーとなります。

ホイールキャップ・ワンオフ物


「他のキャップと形状変えて、お任せ」の例です。車体がヴィンテージ風なのでそれに合わせたつもりです。

年末年始休暇日程

2016/12/27~2017/1/4はお休み致します。

通常の営業時間8:00~18:00 土曜日8:00~16:00 日祝休
メールが面倒な方は電話でお問い合わせ047-710-3838 
プロフィール

アパッチ

Author:アパッチ
溶接等の金属加工、金属製品製作
2輪車用ホイールキャップ
ハブキャップ、ガーターフォーク
タンク等車両部品製造
お問い合わせ
apachefabrication12@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR